従来のものとは違う、新しいスタイルのお葬式

葬式

従来のものとは違う、新しいスタイルのお葬式

お葬式というと、大勢の会葬者が集まり、仏教形式で行われるというのが一般的ですが、最近では新しいスタイルのお葬式も増えています。
まず挙げられるのは「家族葬」と呼ばれるスタイルです。
従来のスタイルと比べると、会葬者の人数が少ない(平均で30名程度)ということが特徴です。
遺族をはじめ、親族や友人といったごく親しい人達に会葬者が限定されるため、あまり気を使わずにゆっくりと故人を偲ぶことができるというメリットがあります。
次に挙げられるのは「無宗教葬」や「自由葬」と呼ばれるスタイルです。
従来のスタイルのような仏教の形式にとらわれず、自由な企画によるお葬式を行うというのが特徴です。
よくある例としては、通夜や葬儀の場で、故人が好きだった音楽を流すという音楽葬と呼ばれるものが挙げられます。
その他のスタイルとしては、海や山に細かく砕いた遺骨を撒くという「自然葬」と呼ばれるものがあり、散骨のサービスを行っている業者も存在します。