より自分らしい旅立ちのために個性化が進むお葬式

葬式

より自分らしい旅立ちのために個性化が進むお葬式

お葬式は死を家族や社会のひとつのけじめとして認識する儀式として位置づけられ、宗教的儀礼をもって行われてきました。
残された者は対外的に恥ずかしくないように、費用をかけて大きな式をすることがよしとされてきた時代もあります。
そのため、世間体のためのお葬式という部分が大きかったのが実情です。
ところが最近では、その考え方の急速な変化が起こり始めています。
それは、価値観の変化であり、残された者や周囲の人のためという傾向がより強くなっています。
背景には葬式費用や住宅事情、お墓の問題や宗教に対する考え方の変化などがあり、それにともなう死生観の変化などが主です。
注目されている葬儀の形に自然葬や密葬があります。
自然葬は既存の宗教へのこだわりやお墓への執着があまりありません。
むしろそこから解放されて自由になりたいという希望が主です。
家族葬をを選択するのは、闘病が長かったため最期は身近な人だけで見送ってほしいという願いもこめられています。
どれが正しいということはなく、故人の考えが反映される傾向が強くなっています。